使える! ボイスレコーダー

卒業シーズン!仲間同士の“タイムカプセル”ボイスメッセージが最高に感動的

みんなとの思い出を残したい……写真?動画?いや、音声でしょう!

3月に入りました。3月といえば、卒業シーズン。進学や就職などで次の4月からスタートする新しい生活に胸をときめかせる一方で、長い時間を一緒に過ごした仲間との別れに胸を痛める季節でもあります。大好きなみんなと過ごす、高校生活・大学生活のラスト1ヶ月――。卒業を迎えるみなさんは、卒業旅行など最後の思い出づくりの計画も進めていることでしょう。今回はそんな“卒業生”のみなさんに、絶対に最高の思い出になる、とっておきの方法をレクチャーしていきます。

最高に心に残るのは、写真でも動画でもなかった

みんなで遊びに行ったり、旅行に行ったりしたとき、みなさんはどんな手段で思い出を残していますか? 一番手軽なのが、スマートフォンでの写真撮影でしょう。ちょっと特別な瞬間は動画。また、本格的な写真で思い出を残したいという人はデジタル一眼を持ち出して撮影、なんてこともあるかもしれません。……が、今回ご紹介するのはそのどれでもなく、「ボイスレコーダーでの録音」という思い出の残し方。

「“絵”がなきゃ思い出にならないよ!」

――そう思いましたか? いいえ、とんでもない。すべての人間に備わっている「想像する」という才能は、むしろ固定された“絵”がないからこそ発揮されるもの。音声は、“絵”がないからこそ、最高にオリジナルな思い出にできるんです。

音声で未来に残したい思い出メッセージ3パターン

いくら思い出に残るといっても、なんでもかんでも闇雲に録音していては散漫なものになってしまうでしょう。せっかく大切な思い出にするのですから、目的を持って録音したいところです。そこで今回は、将来絶対に大切な思い出になる思い出メッセージ3パターンをご紹介しましょう。

1.友人・仲間への応援・秘密打ち明けメッセージ


親しい友人同士でも、1対1で面と向かって感謝の気持ちや激励のメッセージを真面目に伝えるのは照れくさいもの。そんなときはボイスレコーダーでメッセージをmicroSDカードに録音してプレゼントするのがオススメ。

 

・手紙だとかしこまりすぎるし伝えにくいニュアンスがある
・動画(ビデオレター)だと顔が映るから照れてしまう

という場合に音声メッセージはピッタリ。声だけだからこそ、贈り手の感情の機微や想いも、ダイレクトに相手に伝えることができます。また、個人に贈るメッセージなら、「実は昔、同じ人が好きだったんだよね……」とか「●●のとき、急に怒り出しちゃってゴメン!」など、ずっと黙っていた秘密のメッセージや言えなかった「ゴメンね」を録音するのもいいでしょう。

2.未来の自分たちへのメッセージ

卒業の記念に“タイムカプセル”をつくるなら、一緒にボイスメッセージの入ったmicroSDカードを忍ばせてみてはいかがでしょうか。オススメのテーマは、「2017年の私たちから2027年の私たちへ」など、未来の自分たちへのメッセージ。「10年後の自分へ」など、手紙で入れるのが定番ですが、これを音声でやってみようというわけです。

ボイスメッセージならではの面白さは、やっぱりみんなで喋れること。「じゃあいくよ」「もう録音始まってるから」「えっ、何話せばいいの、わかんないよ!えーっと……」なんて録音前後の雑談も入ると臨場感は一気に増しますし、情景もより鮮やかに思い浮かぶはず。10年後の感動的な体験を用意できるでしょう。

3.全員で話す何気ないフリートーク

「自分たちへのメッセージ」という大それたテーマでなくても、思い出に残ることはたくさんあります。たとえば、みんなで一緒に過ごした何気ない時間です。数日もすれば忘れてしまうような“どうでもいい話”をして、みんなで笑い転げたたくさんの時間。そんな、みんなで共有した何気ない時間や空気感を、ボイスレコーダーで切り取ってみてはいかがでしょう。きっと、何年かあとにみんなで集まったときに「どうでもいい話ばっかりしてたよね」で終わる話が、何倍も、何十倍も現実味を持った思い出として語られることでしょう。

録音のポイントは、「じゃあ、これから録音始めるね」という宣言をしないこと。あくまで日常を切り取ることが臨場感を高める秘訣です。喫茶店やファミリーレストランでの会話など、盛り上がってきた瞬間でそっと録音を開始……ひとしきり話が落ち着いたら「今の、録ってました~」とばらして盛り上がるところまで記録しておきたいですね。いくつかのシーンを録音したら、そのmicroSDカードをタイムカプセルへ封入しましょう。

ボイスレコーダーでの思い出の残し方!

では、そんなボイスレコーダーでの思い出の残し方をレクチャーしていきましょう。今回使うのは、高機能と使いやすさを両立したスタンダードモデル「V-863」です。

STEP1.V-863にmicroSDカードを挿入!

仲間に贈ったり、タイムカプセルに入れて残したりするなら、外部メモリを使うのがオススメ。V-863はmicroSDカードに対応していますので、家電量販店などで購入して、本体にセットしましょう。

STEP2.データ保存先にmicroSDカードを選択する!

録音データの保存先として、挿入したmicroSDカードを選択します。こうしておけば、カードを抜き出してそのまますぐにタイムカプセルに入れることができます。

STEP3.microSDカードに録音する!

電源を入れて録音を開始しましょう。V-863なら、マイク感度を自動調整する「ボイスチェイサー」機能で、大人数が対象でも最適な録音が可能。

STEP4.タイムカプセルへ!そして10年後に集まる!

すべての録音が完了したら、データを保存したmicroSDカードをタイムカプセルへ入れましょう。あとは、大事に保管(埋設)して、10年後など設定した日時に集まって開封するだけです。

“絵”がないからこその面白さを体感しよう!

スマートフォンに慣れ親しんでいるみなさんの世代だと、写真や動画など、目に見えるものを思い出の証として残すのが当たり前になっているかもしれません。しかし、音声だけだから伝わる臨場感や広がるイマジネーションがあります。「記録」は、人の想像が加わることで、「思い出」に変わります。想像を最大限に広げるボイスメッセージで、卒業を最高の思い出で彩ってみてはいかがでしょうか?

 
  • ボイスレコーダーどれ買うナビ
  • 新規登録

使用モデル紹介

ICレコーダー Voice-Trek V-863
高機能と使いやすさを両立させた
オールマイティーな高機能スタンダードモデル。

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル