使える! ボイスレコーダー

リニアPCMレコーダーで声優になるための練習を

声だけで感情を表現する声優。アニメ作品や洋画の吹替にとどまらず、なかには歌やお芝居まで活動のフィールドを広げる人もおり、以前にも増して注目を集める人気の職業ですね。目指している人も多いのでは? 新しい年を迎え、心機一転、夢に向かって踏み出しましょう!

リニアPCMレコーダーで自分の声の特性を知ろう

アニメや映画など、あらゆるエンターテインメントを支える声優は、あこがれの職業のひとつです。ハイレベルな演技力や表現力が欠かせませんが、リニアPCMレコーダーがあれば、声優になるための自学自習ができるのです。

声優への第一歩は、自分の声を知ること。
まずは自分の声を録音してみましょう。お気に入りの小説や詩を朗読したり、好きなアニメ作品のワンシーンを再現したり、さまざまな作品の世界観を表現してみるとこで、自分の声の個性や長所に気づけるはずです。

「こうなりたい!」という理想を持っているのなら、コツコツと練習を。録音して聞き直し、どうすればイメージに近づけるのか、研究してみては?
イメージどおりの演技ができるまで、あきらめずに続けることが大切です。

録音した音声は、誰かに聞いてもらってもいいですね。感想やアドバイスをもらうことで、さらに成長できるはずです。

自信がついたら、アフレコにも挑戦

慣れてきたらアフレコに挑戦してみては? やり方はとても簡単です。

字幕をオンにしてDVDを消音で流し、字幕を台本代わりにしてセリフをリニアPCMレコーダーに録音するだけ。その後、録音した音声とDVDの映像を同時に再生すれば、自分の演技を客観的に把握できますね。

オススメのリニアPCMレコーダーは、「LS-P2」や「LS-100」。高性能な「指向性マイク」を搭載しているので、臨場感あふれる高音質録音が可能です。

録音するときは、ぜひ三脚に固定しましょう。マイクに見立てて練習できますから、雰囲気もアップ。テーブルの上に置いて録音するよりも音声をクリアに残せますよ。

  • ボイスレコーダーどれ買うナビ
  • 新規登録

使用モデル紹介

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル