使える! ボイスレコーダー

リニアPCMレコーダーをもっと知ろう!

リニアPCMレコーダーの特徴

POINT1

音をゆたかにとらえる3マイクシステム「トレスミック」

音の持つ厚みやゆたかさをそのまま捉えるために、2つの指向性マイクと1つの無指向性マイクを同時搭載。ステレオ感を際立たせる指向性マイクを挟んで、センターに低音を補強する無指向性マイクを配置しました。センターマイクをONにした場合は20Hz~20kHzと周波数特性も広範囲に拡がり、よりゆたかな音を再現します。もちろん音楽録音でもセンターマイクは効果を発揮。ベースやドラム等の低音も忠実にとらえ、厚みのある録音が可能となります。

POINT2

90°ステレオマイク

周波数特性や指向特性といったマイクの基本性能を最大限に引き出すために、マイク筐体の大きさや開口部の形状にこだわった設計。自然で拡がりのあるステレオ感が得られるよう、左右のマイクユニットを90度外側に向けて配置した構造。

レビュー

  • Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテスト入賞
    unikaljus × OLYMPUS LS-14柔らかく幸せな空気感で包み込む「unikaljus」に、曲作りにまつわるお話や「OLYMPUS LS-14」の印象を伺いました。
    詳しくはこちら

    Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテスト入賞
    unikaljus × OLYMPUS LS-14

    柔らかく幸せな空気感で包み込む、unikaljus(ユニカユース)

    先日行われた、Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテストで見事入賞した、にしだゆうすけさんのソロプロジェクト「unikaljus」。応募曲となった「素晴らしい世界」は、閃いた瞬間の空気感がそのまま伝わるような幸せな広がりを持った作品にすることができたといいます。作編曲家志望ならではの視点による曲作りにまつわるお話や「LS-14」の印象を伺いました。

    Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテスト

    リニアPCMレコーダー「OLYMPUS LS-14」を使用した感想を教えてください。

    まず、びっくりするくらい音がよかったです。 いい具合に距離感とか、空気感を拾ってくれるんですけど、ただなんでも拾うんじゃなくて、もうちょっと広い範囲のいらないノイズは、だいぶ減らしてくれているような気がして。家の中でも録りましたし、出先で街を歩きながら思いついたものを録ろうとして、こうやって口にもっていったり…不審者みたいですけど(笑)。それでも、欲しいものをきちんと録ってくれていて、欲しい空気を残してくれるので、家に帰って聞き返した時に、その場所の雰囲気…これは駅に向かっている時に録ったんだとか、何かの待ち時間に録ったんだとか、何となく思い出せて。そこにはただのワンフレーズだけじゃなくて、その先に広がるメロディーも含まれている気がしています。
    これまでは携帯のボイスメモを使っていたんですが、しゃべっている…要は電話での会話に必要となる、狭い周波数帯でしか録ってくれないので、どうしても欲しいところが録れていなかったりするんですね。特にギターの録音では、上のキラキラしたところが好きだったりするので、そこが切れてしまうとだいぶ雰囲気が変わってしまって。実際の演奏は良かったのかもしれないけど、何かいまいちだなって、ボツにしちゃうことも今まであったと思うんですよね。
    自分はこれまでそれしか使っていなかったので、同じ音を比べようがないんですけど。「LS-14」を使うようになってからはだいぶ、その時の空気感っていうのが残るような気がして。実際オーバーダブ(※)もよく使うので、44.1kHzの16bitに固定しています。それでもだいぶ満足いくというか。聴くたびに新しいイメージが湧いてくるのは、「LS-14」を使い始めてからの方が多いなって思いますね。

    ※最初に録音した音声などに対して、再度別の音声などを重ね録りする多重録音の手法。

    unikaljus(ユニカユース)
    作編曲家志望シンガーソングライターにしだゆうすけのソロプロジェクト。スウェーデン語で「ユニークな光」の意。楽曲制作・楽曲提供に主軸を置きながら、様々なライブに出演中。ライブでは、柔らかく幸せな空気感を持つ楽曲をアコースティックに奏で、空間を包み込む。アカペラ経験を活かしたコーラスワークやボイスパーカッションも魅力。楽曲制作では、アコースティックから、ロック、ファンク、R&B、エレクトロニカまで幅広く扱い、ジャンル不問のキャッチーなメロディと、コーラスアレンジやビートメイクに定評あり。

     official website:http://www.facebook.com/unikaljus

    閉じる

  • Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテスト入賞
    濱守栄子 × OLYMPUS LS-14シンガーソングライター「濱守栄子」に、曲作りにまつわるお話や「OLYMPUS LS-14」の印象を伺いました。
    詳しくはこちら

    Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテスト入賞
    濱守栄子 × OLYMPUS LS-14

    ふるさとの復興を願い歌い続ける、岩手県大船渡市出身のシンガーソングライター

    先日行われた、Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテストで見事入賞したシンガーソングライター「濱守栄子」。応募曲となった「国道45号線」は、東日本大震災チャリティプロジェクトCDとしてリリースされており、売上の半額を義援金として、大船渡市と陸前高田市に寄付しているそうです。震災の風化防止とふるさとの復興を願い、歌い続けているという濱守栄子さんに、曲作りにまつわるお話や「LS-14」の印象を伺いました。

    Olympus LS series “LINEAR PCM WORLD” コンテスト

    インタビュー:2013年7月10日/聞き手:LINEAR PCM WORLD 編集委員

    リニアPCMレコーダー「OLYMPUS LS-14」を使用した感想を教えてください。

    小さくて持ち運びやすくて、スピーカーも大きくて使い勝手がいいですね。ちょっといいフレーズを思いついた時に、鼻歌を録音してメモ代わりに使ったりしています。あとは、バンドのリハーサルを録音して、チェックにも使います。どこへでも持ち運べるので、ライブのちょっとした待ち時間に練習するときにも重宝しますね。LINE録りも出来るので、7月より担当するラジオ番組(足立エフエム)のタイトルコールの録音にも、「LS-14」を使わせていただきました。
    それから最近、手話をつけて歌うという新しいチャレンジを始めたところでしたが、楽曲の再生速度を遅くする機能はとても役立ちました。早くて覚えられなかったものも、テンポを落とすことで楽に習得することができましたね。
    そうそう。届いてからずっと電池を入れっぱなしにしているんですけど、電池が全然減らないんですね。
    かなり燃費がいいのも、ポイントだと思います。

    濱守栄子
    岩手県大船渡市出身のシンガーソングライター。
    2009年1月デビュー。
    現在関東・地元岩手県を中心にイベント・ライブ活動を展開しテレビやラジオなど数々のメディアにも多数出演。さんりく・大船渡ふるさと大使。希望郷いわて文化大使。

     official website:http://www.eikohamamori.com/

    閉じる

  • DJ Ryow a.k.a. Smooth Current × LS-100サウンドクリエイター/DJであるDJ Ryow a.k.a. Smooth CurrentがLS-100の魅力を語ります。 詳しくはこちら

    DJ Ryow a.k.a. Smooth Current × LS-100

    「直感的に扱える操作性がクリエイティブの扉を叩く」

    サウンドクリエイター/DJであるDJ Ryow a.k.a. Smooth CurrentがLS-100の魅力を語ります。
    大掛かりな機材を用意しなくても直感的に録れるLS-100は、レコーディングでも活躍してくれるといいます。

    リニアPCMレコーダー「OLYMPUS LS-100」を使用した感想を教えてください。

    見た目はいかにもプロフェッショナル機材のような印象だけど、基本的な使い方はいたってシンプル。説明書を読めば、ある程度は直感的に操作することができるし、たとえ音楽機材に慣れていない人でもすぐに扱えるようになると思う。それにLSシリーズのモデルには、それぞれ特徴があるから、その人自身の用途に合わせて選べるところも良いよね。

    LS-100の場合、耐音圧が140dB SPLまで設定されているのが凄い。どれだけ気をつけていても音量が限度を超えてしまって使えないことはあるから。音質に関しても、文句の付けどころはないよね。あとはUSBを接続することでパソコンに音を吐き出しやすい点も魅力だし、ファンタム電源に対応しているコンボジャックを搭載しているのも嬉しい。直接ギターをLS-100に繋ぐことができて、そのまま録音できるというのは本当に使い勝手が良いし、よくこの小ささでここまでの性能を搭載したなって感心するよ(笑)。

    今後はこれらの機能を最大限に活かして、LSシリーズだけでレコーディングのすべてを完結してみたい。用途に応じて、LSシリーズを使い分けることで、すべての楽器を録音することができるし、さらに動画まで撮影することもできる。本当に使い方次第で可能性が無限に広がると思うね。

    DJ Ryow a.k.a. Smooth Current
    日本各地のイベントからオファーが殺到するサウンドクリエイター/DJ。“ShinSight Trio”としての活動、海外アーティストとのコラボレーションも多数。また数々のトラックを手掛けるリミキサーとしても活躍中。

     official website:http://www.m-c-j.net

    閉じる

製品情報

リニアPCMレコーダー LSシリーズ

その場の空気感まで、リアルに録音するリニアPCMレコーダーLSシリーズを紹介します。

  • どれ買うナビ
  • オリンパスのボイスレコーダーはここがすごい!

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル