使える! ボイスレコーダー

SLに魅せられて

ジャンル:乗り物 ナビゲーター:向谷実

私が中学生だった1970年代、日本全国で蒸気機関車(SL)がその役目を終えようとしていました。東京生まれの私にとって、SLは実際のところほとんど目にすることはありませんでしたが、冬場の家族旅行ではSLによる心地よい蒸気暖房を味わうこともありました。

新幹線の開業で日本全国が夢の超特急で盛り上がっている中、なぜかこのどっしりした鉄の塊のような武骨な乗り物に魅せられてしまい、全国のSL最後の雄姿を見に、一眼レフ、ポータブル録音機、8ミリ(ビデオではありません)を担いで山河を駆け巡りました。そのSLが最近は復活運転することが増え、また身近に見ることができるようになり、青春時代を思い出しながらまた追っかけを始めています。その経験もあって、昨年開業しました鉄道博物館のD51シミュレータの制作に参加できたのはとても幸せでした。

幸運にも…

荒木館長代理(右)と高崎支社の皆さん
高崎車両センターには現役でD51 498号機が所属しています。おかげでD51シミュレータを制作する上で実機から色々教えてもらい、今回もと思ったのですが。残念ながら長期のお休みに入っていまして取材日には火が入っていない状況でした。

ところが幸運なことに同じ日に現在秩父鉄道で活躍しているC58 363号機が検査のために来ていて、取材日には最終検査のための試運転を高崎駅構内実施しているということがわかりました。D51の取材時からお世話になっている機関士さんや、鉄道博物館の荒木館長代理、JR東日本高崎支社の皆さんのご協力もあってその試運転を取材させていただくことになりました。

C58の思い出

C58
C58の一番の思い出は北海道の釧網本線の原生花園(臨時駅)近くの鉄橋を走行する姿です。冬にここを訪れると鉄橋の向こうは流氷でSLの煙と赤い鉄橋そして真っ白な流氷が一枚の写真に収まります。ここはSLファンにとってとても有名なところでした。そこを主に走っていたSLがC58だったので、特に汽笛、ドラフト音が印象的でした。今回の取材ではそれらを可能な限りの高音質で収録することを心がけました。

SLの収録のコツ

まずSLを収録する時に大変なのはSL以外の音の侵入をどうやって防ぐかということです。駅近くでの取材ですので、まず発車メロディなど聞こえないタイミングで、さらに電車が頻繁に入場してきますので、それらがいない隙を見はからってということになります。

収録の様子
さらにSLならではのドラフト音は固定位置で収録するとあっという間になりますので、安全に気をつけながら可能な限り並走しながら収録するという技も行いました。汽笛の収録はやや離れてオフ気味に、石炭をくべているところは機関室内での収録になります。 今回のような取材は許可なくしては収録できませんので、大変貴重な高音質サウンドとしてお楽しみいただければ幸いです。

Olympus LS series で収録した音データ

C58の出発の模様

再生する

ダウンロード尺:38sec
データ容量:約20.9MB
データ形式:WAV(24bit / 96KHz)

SLは出発する時かけているブレーキを緩解(今回は単機なので単独ブレーキ弁のみ)して出発できるようにし、短い汽笛を鳴らし逆転機及び加減弁を操作し走り出しますが、その際にシリンダに水がたまっているので、ドレイン弁を開いて蒸気の力でその水を排出します。ここではその一部始終を収録してありますが、走行が始まってからの力強いSL特有のドラフト音をできるだけ長く収録するために安全確認の上、SLと可能な限り並走しながら収録しました。

録音レベル調整 AGCをOFF。RECボタンを押してLEVELを調整。リハーサルをプレイバックしながら録音レベルをチェック。マイク感度HIGHでもよい。
セット位置 C58から30メートル程度前方に待機し、加速に伴って並走して収録。
アクセサリー 風防

C58の汽笛

再生する

尺:5sec
データ容量:約3.1MB
データ形式:WAV(24bit / 96KHz)

SLの汽笛はまさに蒸気の力で笛を鳴らしているという構造ですので、不規則な倍音がたくさん重ねあわされた独特の味わいのある音色です。この「Olympus LS series」による24bit96khz収録にはもっとも効果を発揮できる素材で、思いどおりの迫力ある汽笛の音が収録ができました。

録音レベル調整 録音レベルはマニュアルにセットし、MIC SENSEはLOWでLOW CUTは入れませんでした。RECボタンを一回押してレベルを調整しました。
セット位置 C58から30メートル程度前方で収録
アクセサリー 風防

C58の投炭の模様

再生する

尺:29sec
データ容量:約16MB
データ形式:WAV(24bit / 96KHz)

SLでの重要な燃料である石炭の投入(投炭)は焚口戸の開閉を手動もしくはペダルによる圧縮空気で頻繁に行われますが、燃焼効率を良くするためにボイラーの中の一か所に片寄らないように注意して行います。ここでは空気の力で開閉される焚口戸が開くと中から猛烈な燃え盛る音が聞こえ、その中にまんべんなく大スコップで石炭が投入されるところが収録されています。

録音レベル調整 録音レベルはマニュアルにセットし、MIC SENSEはLOWでLOW CUTは入れませんでした。RECボタンを一回押してレベルを調整しました。
セット位置 C58機関室内で収録
アクセサリー 風防

ナビゲータープロフィール

向谷実

略歴
カシオペアのキーボード奏者、実写を使用したゲームソフト「Train Simulator」「Railfan」シリーズや運転士教育用、博物館向けの業務用シミュレータの制作を行う株式会社音楽館の代表取締役。
2001年より名古屋芸術大学音楽学部教授。

挨拶
「Olympus LS series」小型軽量で操作性も良く、鉄道関連の音の収録にはとても向いていますね。鉄道ファンとりわけ「音鉄」には必須のアイテムになりそうな予感がします。

ウェブサイト
「向谷実の鉄道と音楽がいっぱい」

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル