使える! ボイスレコーダー

Harley-Davidson

ジャンル:乗り物 ナビゲーター:まめ

Harley-Davidsonと言えば、その力強い走りと独特の排気音(Exhaust Sound)が魅力のMotorcycleです。
ここ日本でもHarleyの愛好者はとても多いと思います。私もその1人です。
空冷・OHV・45度V型2気筒エンジンという独自のエンジン方式を採用しています。

エンジンのヒミツ

今回、「Olympus LS series」で録音したHaleyは、TC88エンジンを搭載したTouringモデルです。
TCとはTWIN CAMの略で、エンジンを構成するカムと呼ばれる部品が2つある事を示しています。このTCエンジンからカムが2つに変更になったので、そのような名称になっているようです。

ハーレーのエンジン
また、88という数字は排気量を示しています。アメリカでの排気量単位は、cc(シーシー)ではなく、cubic inch(キュービック・インチ)を採用しています。1cubic inch≒16.387ccなので、換算すると、約1450ccということになりますね。1450ccもの大排気量エンジンですから、そのExhaust Soundも迫力あるものになります。「Olympus LS series」での録音のしがいがあると言うものです(笑)。
Harleyのエンジンには、TCの他に、EVOLUTION、SHOVEL HEAD、PAN HEAD、KNUCKLE HEADなどなど、その時代ごとにそれぞれのエンジンが採用されていて、その時代のHarleyを味わうことが出来るのも特徴のひとつです。それぞれのエンジンごとにマニアがいるぐらいですからね。

いざ、録音!

さて、Motorcycleの排気音・エンジン音の録音という性質上、屋外での録音になったわけですが、録音日は、夏盛りの8月ということもあり、セミの鳴き声でどこも一杯で録音場所探しにちょっと苦労しました。

マフラー音の録音
何とか場所を探して、まずは、排気音からの録音です。Harleyのエンジンに火を入れると、1450ccの迫力あるExhaust Soundが響き渡ります。排気音を聞きながら、本体の録音設定や録音位置を調整し、さぁ、録音開始です。マフラーの後方60cmほどのところに、「Olympus LS series」を構えてHarley Soundを楽しみつつ、30秒ほど録音を行いました。早速、録音したデータを聴いてみます。OKボタンを押せばすぐにデータの確認が出来ます。
こんなに手軽に録音したのに、Harley独特の迫力ある低音と歯切れ良い高音がしっかりと再現されています。これは楽しめますね!
エンジン音の録音
次に、エンジン音の録音にも挑戦してみました。エンジンのすぐ横での録音だったので、音を録りながらアクセルを何回か軽く開ける事が出来ました。空冷・OHV・45度V型2気筒エンジンのアイドリング時の作動音と、アクセルの開閉に伴う作動音の2つを聴いていただく事が出来ます。

次回は、走行音?

今回は、録音場所があまり良くなかったわけですが、それでも実際に録音できた音は実に楽しめる高品質のものだと感じました。本当は、走行音にも挑戦したかったのですが、風の問題などいろいろとあって断念しました。次回は挑戦したいです。でも、この「Olympus LS series」のおかげで仲間のMotorcycle Soundを録音するという楽しみが、ひとつ増えましたね。

Olympus LS series で収録した音データ

マフラー音

再生する

尺:30sec
データ容量:約5.12MB
データ形式:WAV(24bit / 96KHz)

ハーレーの排気音は、大排気量ならではの重低音と、弾ける様な高音が入り混じって独特のリズムを奏でます。OHV 45度V型2気筒ならではの小気味良い排気音を手軽に収録出来ました。

録音レベル調整 録音レベルはマニュアルにセットし、マイク感度をHIGHにしてREC LEVELを適正値調整
セット位置 マフラーの後方約60cm
アクセサリー  

エンジン音

再生する

尺:30sec
データ容量:約5.1MB
データ形式:WAV(24bit / 96KHz)

ハーレーの排気音は聞いた事があっても、エンジン音まではなかなか聞く機会がないと思います。2気筒で1450ccもの排気量を絞り出すトルク型エンジンの爆発力を感じることの出来るメカニカルサウンドを収録出来ました。

録音レベル調整 録音レベルはマニュアルにセットし、マイク感度をLOWにしてREC LEVELを適正値調整
セット位置 エンジンの真横30~40cm
アクセサリー  

ナビゲータープロフィール

まめ

略歴
10代の頃より10数台のMotorcycleを乗り継ぎ、現在はHarley-Davidson FLHRを所有しています。Motorcycle全般に興味がありますが、現在では、とりわけHarley-DavidsonのTorque感溢れる走りと、独特のExhaust Soundに夢中になっています。

挨拶
この度、機会をいただきまして、「Olympus LS series」での録音をさせてもらいました。「Olympus LS series」は手に持った時のフィット感が良く、操作性も高く感じました。手軽に操作出来るのに、録音した音はしっかりとHarleyの力強いExhaust Soundを再現していて、とてもびっくりしましたね。 今後は「Olympus LS series」を使って、お気に入りのMotorcycle Soundを録音して、その心地よい響きを多くの人と共有出来れば、と感じています。

ウェブサイト
「ハーレー情報サイト」

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル