使える! ボイスレコーダー

動物園という名の録音道場

ジャンル:生き物 ナビゲーター:岡村正章

明治15年(1882)開園という日本で最も古い上野動物園へ現代テクノロジーの結晶「Olympus LS series」を持って野外録音に出かけた。それにしても動物園などの娯楽施設は、ありとあらゆる音に満ちていて、そう簡単に動物たちの鳴き声だけを録らせてはくれない。が、見方を変えれば動物園はフィールド・レコーディングの良い練習場だと言うことができる。
いろんな音が充満する中で、明確な録音対象がある場合のセオリーはひとつ。
「その音をハッキリと、その他をボヤボヤに録る。」
早い話が対象に近づいて録音すれば良い。ところが、もっとも近くにいる動物よりも隣で手すりを叩いて奇声を発している子ども達の方が圧倒的にマイクに近い…というのが微笑ましくもニガニガしい現実だ。そんなわけで、音の主役と脇役をはっきりさせるためには少し工夫が必要になってくる。

ライオンを録る

ライオン
動物といえば、百獣の王ライオンが頭に浮かぶ。ただ、その鳴き声はテレビなどでしばしば流れるものの、動物園でライオンの声を実際に聴く機会は少ない。さらに、ライオンはぐるりと高い塀に囲まれていて、隙間は皆無であったので、塀の低い部分を探し、録音状態にしたPCMレコーダーをポールの先に取り付けて、しばらく待つことにした。ところで、ポールの先に直接取り付けて録る方法はグリップ・ノイズ(ポールを持つ手のガサゴソ音)が入るの本来はオススメできない。しかし使ってみると「Olympus LS series」は本体の手持ち録音さえ可能だと分かり、ちょっと驚いた。グリップ・ノイズをここまで軽減するためにオリンパスが投入した技術はおそらく二つ。一つは本体の振動をマイクに伝えない独自の制振構造と低域の周波数特性が調整された内蔵マイクだ。
録音の様子
低音を落とせば手持ちノイズは減る。しかしスカスカな音になってはマズい。開発スタッフはこの「落としどころ」で苦労したに違いない。個人的にはもう少しローを拾っても良いと思うが、録音の世界で非常にムズカしいのが低音の処理。レコーディストが100Hz周辺の音をきちんとコントロールできなければ、ただ単にヌケの悪い音になってしまう。

「手軽」に「高音質録音」というのはサイズを小さく、軽くすれば良いだけの話ではない。「Olympus LS series」はこの矛盾したニーズにひとつの良質なバランス感覚を提示してくれている。また、マイクプリアンプの低ノイズ設計が「Olympus LS series」の優れた特徴であることも、その技術力に敬意を表し付記しておきたい。

オウサマペンギンの親子
さて、肝心の鳴き声はというと、心配をよそになんとか鳴いてくれた。「ガォー」というよく知られた怒声ではないが、じゃれ合うライオンはこんな風に鳴く。 またオウサマペンギンも、今年九月に生まれたヒナが元気に鳴いていた。親子の鳴き合いを聴いてみて欲しい。

フィールド・レコーディングの楽しさ

動物園という場所で録音していると、私を遠巻きにして、何やらコソコソとささやき合っている修学旅行生や、「◯△ちゃんっ!そっちに行っておじさんの邪魔しちゃダメっ!」と叫んで、ご自身が録音の邪魔になっているママさんたちに出会うことも珍しくない。二時間待ち続けた動物は得てしてそんな時に鳴く。ママの叫び声にぴったりと唱和して。人生は時としてほろ苦い。 でも、私のリニアPCMライフはalways sweetだ。

Olympus LS series で収録した音データ

ライオンの鳴き声

再生する

尺:26sec
データ容量:約14.6MB
データ形式:WAV(24bit / 96KHz)

せっかく鳴いてくれてもマイクにお尻を向けていた場合は、ライオン自身の巨体にさえぎられて声質が不明瞭になる。向きと距離が適正で、なおかつ上空のヘリコプターや園内工事その他のノイズと重ならない録音をしたくて、何度もテイクを重ねた。

録音レベル調整 録音レベルはMANUALでマイク感度HIGH。REC LEVELは2付近で収録。
※編集時に、風防で損なわれた高域を補正(3kHz周辺を2dBアップ)
セット位置 収録者の頭上1mの高さから。
アクセサリー 風防(自作)、ブームポール

オウサマペンギンの鳴き声

再生する

尺:36sec
データ容量:約19.7MB
データ形式:WAV(24bit / 96KHz)

ペンギンプールには循環水が降り注いでいてこれが滝音のように大きい。今回もっとも悩ましかったノイズの一つだ。ヘッドフォンでモニターしつつ、岩陰に回り込むことでなんとかその音量を低減できると分かった。しかしそこにはあらたなる試練が。マイクの真横で叫び、はしゃぎまわる男の子一人。とても可愛らしいが…困った。ただ、この子の声はボリュームさえ適度であれば「動物園らしさ」を、よりはっきりさせてくれるだろう。そこで彼とLS-10の間へ自分の身体を横向きに入れて、その声量を少し押さえてみた。

録音レベル調整 録音レベルはMANUALでマイク感度HIGH。REC LEVELは3付近で収録。
※編集時に、風防で損なわれた高域を補正(3kHz周辺を2dBアップ)
セット位置 地上1mくらいの高さにセット。
アクセサリー 風防(自作)、ブームポール

ナビゲータープロフィール

岡村正章

略歴
作曲家。96年、三和銀行(現みずほ銀行)のTV-CMでキャリアをスタート。TV・Radio・劇場・街頭ビジョン用CM、VPなど広告映像用音楽制作に従事。効果音を担当した仕事も多数。

挨拶
録音した音を聴くということ…。それは純粋に聴覚だけで音と向き合う、ちょっと不思議な体験です。私はいつしか、この「世界から切り取られた音」の魅力に心を奪われてしまいました。以来、色んな音を録り続けています。木の音・火の音・土の音・金属の音、水の音…。マイクロフォンや録音機を進化させ続けてくれる技術者さんたちへの尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

ウェブサイト
生録。

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル