使える! ボイスレコーダー

OLYMPUS PRESENTS フレンドシップコンサート2016

2016年5月8日、オリンパスホール八王子にて「フレンドシップコンサート」が開催されました。当日はなんと約1600名もの来場者がつめかけ、全国トップレベルの高校吹奏楽部やゲストのトロンボーン奏者・中川英二郎さんの演奏に、熱心に耳を傾けていました。

演奏する喜びが音を通じて伝わってくる! 楽しさに満ちたコンサート

今回で3度目の開催となった「フレンドシップコンサート」。東海⼤学付属⾼輪台高校、東海⼤学菅⽣高校、⼋王⼦学園⼋王⼦高校、横浜市⽴桜丘高校の4校の吹奏楽部が出演しました。

大会やコンクールではライバルである各校。しかし、この日ばかりは「フレンドシップ」という言葉の通り、共に吹奏楽を愛する仲間として心をひとつにし、それぞれが伸び伸びと演奏をエンジョイ。歌やダンスを織り交ぜるなど、工夫を凝らした各校の演奏に聴衆も大いに盛り上がりました。

各校のステージの様子をチェックしてみましょう。音声はオリンパスのリニアPCMレコーダー「LS-100」で録音したものです。

横浜市⽴桜丘高校

演奏はもちろん、終盤での息の合ったパフォーマンスも印象的な横浜市立桜丘高校。元気いっぱいのステージで観客も思わず笑顔になりました。

⼋王⼦学園⼋王⼦高校

会場となったホールのある八王子市内の吹奏楽の名門・八王子学園八王子高校。客席へと飛び出し、合唱も披露してくれました。

東海⼤学菅⽣高校

白いジャケットが高校生らしい清々しさを感じさせる東海大学菅生高校。後半のハッピ姿もキマっていますよ。

東海⼤学付属⾼輪台高校

ラストを飾るのは東海大学付属高輪台高校。なんと160名もの大編成で参加してくれました。

さらには中川英二郎さんと参加校の選抜メンバーから成る「フレンドシップメンバー」とのスペシャルセッションも実現。『虹の彼方に』や『ルパン三世のテーマ』など、数曲を熱演しました。

中川英二郎 with フレンドシップメンバー スペシャルセッション

当日は出演校の高校生が2016年4月に発生した熊本地震の募金活動も実施。集まった募金は日本赤十字社を通じ、熊本地震災害義援金として全額寄付されました。募金にご協力いただいた来場者のみなさまに感謝申し上げます。

中川英二郎さんプロフィール

NHK交響楽団の前身である新交響楽団に在団したバイオリン奏者の祖父を筆頭に、音楽一家に育った中川英二郎氏は、伯父の中川敦嗣氏の手ほどきを受けて5歳からトロンボーンに親しみ、東京芸術大学音楽学部附属音楽高校在学中より学業と並行しながら音楽活動をスタート。

2007年、日本人として初めてトニー賞授賞式に出演。2008年にはNHK連続テレビ小説『瞳』のメインテーマを演奏するなど、幅広いフィールドで活躍。

使用モデル紹介

関連する記事

ページTOPへ

キャンセル

キャンセル